シェリー部長ロゴ                             Go to English page
  ホーム ネットショップ(PC)ネットショップ(携帯) お めめどうのことブログ メールマガジン


  黒豆 枝豆(2011年度は完売しました。ありがとうございました)


黒豆解禁

ビールのおともに
ビールのおともに

豆
9月30日に葉取りの練習

湯がきました
湯がいてみました

入荷葉つき
入荷・葉つきです


葉だけ取って整形前
葉だけとって整形前

整形後
成形後・箱に詰めて発送します

こぼれ豆
10月7日の作業のこぼれ豆。9月30日のより身がつまってる感じ

スタッフ作業中
10月13日。スタッフ総出で葉取り、箱詰め。
丹 波 黒豆枝豆
おめめどう食品部、味間一よりお届けします

■ 産直特価:2400円(税込2520円)

■ 原産地:丹波篠山産 
     (アグリヘルシーファームの契約畑から
      直送。おめめどうの庭で箱詰め、
      純粋丹波産、間違いなしの商品です)

■ 内容量:枝付 2束(約2.2kgぐらいです。)と、
     ゆがき方レシピ付

■ 送 料:できるだけ、安価でお送りできる形に
     します(クールではありませんので、
     早めにお受け取り下さい)


■ 他の商品との同梱はできません。

ご注意:お届け日は解禁日〜なくなり次第となります。
    豆が入荷次第、順次送付します。
    備考欄に、<受け取りに都合の悪い日>
    があれば、お知らせください。


黒豆枝豆予約 ネットショップへ 

〜丹波黒豆枝豆(本黒)とは〜

 マンガ「美味しんぼ」で登場してから多くの方に知られることとなった丹波黒豆枝豆。

 本来正月に食べる黒豆を、若さやの枝豆時に収穫したものです。

 通常出まわっている枝豆に比べると粒の大きさ、味の深み、枝豆の王様にふさわしく、一度食べたら、毎年、食べたくなります。
 さやにも、黒い斑点がありますので、それが「腐ってる?」「不良品」と誤解されることもありますが、私たち丹波人にとっては、これが普通、しかも、秋祭 のシーズン
に食べるものなのです。

 丹波篠山では、シーズンには、田舎のあぜ道に露店がたくさん出ます。もちろん、スーパーにも並びます。っていうか、毎年その時期は、何回かは、知り合い の農家からいただいたりして、すごくなじみのあるものなのですが、丹波以外では、そうではない。つまり県民ショーネタみたいなものでした。

 でも、漫画「美味しんぼ」で紹介されてからは、全国区になっていきました。すると、増えるのが、丹波篠山以外の黒豆を丹波篠山産と名乗ることです。それ で、丹波篠山で採れた豆だけを売る(品質管理や名前を大事にする)ことが、求められるようになりました。そういうお店には、ステッカーが貼られます。

 なんと豆なのに、販売の解禁日や販売期間があって、それ以外には売れません。

 おめめどう食品部・味間一の丹波黒枝豆は、お茶が大ブレーク、お世話になったアグリヘルシーファームの畑からお豆をいただき、おめめどうスタッフで、葉 採りと箱づめをするという、正真正銘の丹波篠山産の黒豆です。

 通販価格は、二束(2.2キロくらい入り)で、2400円(税込2520円)と、地元で買うよりは、お高いですが(買いにわざわざ来るよりは、もちろん 安いです)、一年に一度、食べてみる価値あり、とっても美味しいですよ。

 送付期間が、10月5日の解禁日から、下旬(20日過ぎ)というたいへん短い期間になりますので、予約だけを受け付け、お豆が入荷次第、順次送らせてい ただきます。
 
 もしよかったら、おめめどうのある丹波篠山の名産。枝豆の王様を、ご賞味してみてください。

黒豆枝豆予約 ネットショップへ 

 
味間一(おめめどう食品部)目次へ
おめめどうTOPへ

お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼