シェリー部長ロゴ                             Go to English page
  ホー ムネットショップ(PC)ネットショップ(携帯) お めめどうのことブログ メールマガジン

ハルヤンネのコラム

すべて は、早くてよい出会い 

2004 年のTEACCH研での発表
  
土 日は基本的に休み

窓 からの風景は

雪 遊び、ネット遊び

決 断の嵐

い きなり核心

二 極化

言っ てること

い くつもが、解決していく

レ イルマン・レイルマン2を売り切りにするわけ

必 要なんは療育ちゃうで

ABA での訓練(当時の一般的な風景)

私 の療育のイメージ

そ れぞれ

送られ てきた野菜

いうて きても

やって みたらいいよ

視覚支 援の大事さを知って頂くために


自 立課題とか自立課題学習について

大 丈夫じゃないです

外 向けのアプローチのことや障害のあるご本人の使いやすさ

コミュ ニケーションの方法が0

解決する、楽になるという 実感

ご褒美には段階がある

一番最初はどこから?

あるお子さんへの告知

必要なのは言うてくるまでなにもしない、あなた自身です


口で質問されるのは?
こたえるメモで「口でしつもんされるとどんな気持ち?」

かまへんかまへん
お母さんがあやまったのに対して「かまへんかまへん」
コミュニ ケーションの方法が0
2011-11-19

  ある施設の人に聞いてみた

「障害のある人と一緒に暮していて、なにが、一番困りますか?」

「それは、自閉症の人でコミュニケーションの方法が0、の方。パニックになられても、なにが原因かの推測もできないので」

と、言われました

「息子さんは0じゃない。筆談も身につけておられるし、伝え方、伝えてもらい方があるので、たとえばパニックの後でも、その原因が特定できる。これは、すごく、助かるのです」

 自閉症の人の中には、コミュニケーションとは何?ということも、ご存じない人がいらっしゃる。

 音声言語だけで大きくなるとそういう方が、多いです。

 

※ご参考「4.自閉 症や発達障害の人にどんな支援が必要なのか 2.コミュニケーション
ハ ルヤンネのコラム目次へ
コ ラムトップへ
おめめどうTOPへ

お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼