シェリー部長ロゴ                             Go to English page
  ホー ムネットショップ(PC)ネットショップ(携帯) お めめどうのことブログ メールマガジン

文責 kingstone
音声言語という言い方について(2011/11/01)



初めて来られ た方へ 目次

0.読まれるさいのご注意

1.自閉症って?(診断名について)

2.発達 障害って?(診断名について)

3. 自閉症や発達障害の人にどんな支援が必要なのか1社会的意味 

4.自閉症や発達障害の人にどんな支援が必要なのか2コミュニケーション

5.自閉症や発達障害の人にどんな支援が必要なのか 3.相手(周囲の人)が頭の中で考えていることや感情がわかりにくい

6.自閉症や発達障害の人にどんな支援が必要なのか 4.感覚が自閉症でない人たちと違う

7.科学的証拠とエピソード

あせらないで、ちょっとしたことから始めて下さいね




(予定・おめめどうでよく使う言葉)

(予定・おめめどうで使わない言葉)

音 声言語という言い方について

大人の発達障害の人の割合

「音声言語」ってもってまわった言い方ですね・・・たいていの人は「言葉」って言います。

 実はこれには私なりのこだわりがあります。

 「言葉」
「言語」というのは誰かが誰かに何かを伝えたくて使うものだと思っています。もちろん口から出す「音」もそのひとつです。

 しかし私は「絵カード(メモを含む)」「文字カード(メモを含む)」「文章(メモを含む)」も、誰かから誰かに何かを伝える立派な「言葉」だと考えています。

 もちろん紙とペンが無ければ地面に書いたって(描いたって)いいわけです。

 あと身振りやサイン言語(手話とか)も立派な「言葉」と考えています。

 しかし、多くの人は「言葉」と言うと口から出す音(音声言語)と考えがちで、またそれが「口から出ればいい」「耳で聞いて理解できればいい」と考えがちです。

 しかし自閉症や発達障害の人は「一見口から音としての言葉が出ているようにみえる」「一見音の言葉を耳で聞いて理解しているようにみえる」けれども、実 は「わかって言っていない」「本当は理解していない(例えば口からの音を理解して動いているように見えて、周囲の人の動きや、指差しの身振りなどで判断し て動いている等)」こともよくあります。

 それがお互いの誤解のもととなったり、様々な困難を作り出していることがよくあります。また必要以上に周囲が「口から出る音」での理解や表現にこだわるあまり、自閉症や発達障害の人の肝心のコミュニケーション能力が損なわれることがよくあります。

 自閉症や発達障害の人は「見てわかる物」で時間・段取り・コミュニケーション支援をした方が、よりお互い楽に生活できたり、また人によってはそうした方が結局音声言語での理解や表現力が伸びることもおうおうにしてあります。

 「言葉」は「口から出る音」に限らない。そのことをみなさんに意識していただきたくて、
わざわざ「音声言語」とややっこしい言い方をするわけです。



「大人の発達障害者の割合」へ


初 めて来られた方へ 目次
おめめどうTOPへ

お問い合わせ先   講演会・研修会のご依頼