シェリー部長ロゴ                             Go to English page
  ホーム ネットショップ(PC)ネットショップ(携帯) お めめどうのことブログ メールマガジン




イヤーマフの疑問への回答
2012/06/27  ※携帯メルマガ「おめめどう通信」に加筆したものです。
巻 物カレンダー

スケジュール
  スケ ジュール
  と けいメモ
  TODO メモ

コミュニケーションメモ
   おはなしメモ
   おはなしツイン
   ◯× メモ
   選ぶメモ
   どうしてメモ
  四 コマメモ

ふ きだしーる

TELCA

あのね ♪

イ ヤーマフ

サ ポートブック
サポートペーパー


グッ ズのある教室


グッ ズについてのコラム









            イヤーマフ
★こんにちは、ハルヤンネです♪☆

 ネットで、知り合いが、こんな疑問を、投げかけていました。イヤーマフを販売しているものとして、おめめどうなりの意見を書いてみます。それを、共有し ましょう。

<支援グッズ・イヤーマフへの疑問・・・聴覚過敏に有効、というのはわ かります。
 ただ、発達障害の専門家という立場の人が、聴覚過敏の疑いのある未就 学の子の親に対してイヤーマフの有効性を語ったことで、親が子にイヤーマフを与え、その結果、聴覚過敏の有無とは関係なく、イヤーマフへの重度のこだわり を生んでしまったケースのいくつかに遭遇してしまいました。
 そもそも、イヤーマフなどどうやら必要ないような子だったにもかかわ らず、専門家のアドバイスを素直に受け入れイヤーマフをさせてしまったことに後悔している保護者の方がいらっしゃいます。
 この件に関して、ご意見頂けたら
ありがたいです。>




 イヤーマフを息子が使い始めたのが、中1のとき。それが、『ダダくん11の不思議』の挿図に載って一気に広まりました。今では、正直、猫も杓子もイヤー マフ、イヤーマフ、これさえあれば大丈夫!って思っている人もいて、見てると滑稽なこともあります。

 でも、確かに、聴覚過敏のある方には、非常に助かる一品です。息子は、今、三つのイヤーマフを、行く先で、選んでつけます。着替えるくらい、自分のアイ テムです。

 そんな息子も(だけじゃないですが)、持っていかないときもある。つけない場面もある、同じお店、施設や同じ状況でも、自分で判断しています。さて、そ の違いはなんでしょうか?

 一つは、自閉症の人は、見通しがないなどからくる不安があるときには、感覚過敏が増してしまいます。支援がしっかりしている、それ以上に、自分にモチ ベーションがある(主人公の)暮らしをしている人は、必要としない場面がどんどん増えていくのです。

 「イヤーマフをしたらいいでしょうか?」と尋ねられたときに、必ずお話するのは、スケジュールや視覚支援をして、見通しのある、わかる暮らしを、それか ら、親が、ああしようこうしようと動かすのではなく、自分でいきたいしたいという活動をしてくださいねを、一緒に話します。

 療育という現場で、聴覚過敏を相談されると、どうしても「イヤーマフで音を防ぎましょう」と言うような短絡な物言いがされるあ可能性があります(療育と は暮らしじゃないから)。でも、本当は、イヤーマフは暮らしとともにあるもの、本人がどうしたいかがあって、なにがしたいの後に続くものなのです。

 親御さんからすると、こだわったといわれるかもしれませんが、それは、もしかしたら、わかる、できる、えらべる支援が足らないということかもしれませ ん。生活が文字通り、ざわついている。

 また、子供がそのとき必要とするなら、なぜ、いらないのでは、こだわってしまったと、親が判断するのか?それこそ、支援グッズを、親が子を動かすものと 考えているのではないのかなと思ってしまいます。

 イヤーマフをスケジュールと置き換えたら、それがどういう意味かは、すぐわかりますね。

 親目線ではなく、本人目線で、もう一度、暮らしの見直しをしてみてください。
ーーーーーーーーーーーーーーー
 以下は、「おめめどう通信」に書けなかった付け足し。

 文字数の関係で、書いていませんが(これで、1400文字程度)、幼児期は、世界が未分化なので、不安要因が高いこともあります。そのため、安心できる 見てわかる環境、連れまわさない、我慢をしいらないなどの特性にそった支援について、親御さんや周囲の人が、学び身につけていく時期なのです。

 そこまで、伝えられる専門家と、出会えたらいいですが、「聴覚過敏?イヤーマフがいいですよ。」「手が出る?じゃあ、薬が必要では?」という専門家に出 会ったときは、できたら、セカンドオピニオンを、どこかで求められるといいかもしれません。

PS.イヤーマフは、我慢させるためのものでは、ありません。


   メルマガ「おめめどう通信」ネットショップへ


イ ヤーマフのある暮らしへ
お めめどうネットショップへ
いごこちのいい暮らし TOPへ
お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼