シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネットショップ(携帯) おめめどうのことブログ メールマガジン

おめめどうニュース


おめめどうグッズ
他社様・大量購入される方とのコラボレーション
2012年6月5日

 他社様・他機関様でおめめどうグッズを置いて下さる時の提案です。


メモ
コ ミュニケーションメモ帳の1冊の枚数が変わります
2012年5月1日

 B6サイズ以下のコミュニケーションメモ帳は今後80枚綴りが基本となります。ホームページの表示も順次変えていきますが、もし100枚綴りが送られて 来た方はラッキーということで、よろしくお願いします。


小児看護2012年5月号
表紙

おめめどうでもこちらから購入して頂けます。































































































非常時の支援と工夫
自閉症・発達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる)

2012年11月8日現在
版元に在庫がなく
増刷予定もないそうなので、
おめめどうでのお取り扱いは休止
しています。

2012年4月21日記

雑誌「小児看護」2012年5月号におめめどう取締役社長奥平綾子@ハ ルヤンネの書いた記事を載せて頂きました。この号の目次とともに、記事の見出しを紹介させて頂きます。

2012−5月号
(第35巻第5号) 定価1,470円(税込)

総特集
発達障がい児への対応と支援
看護師としてできることは何か

編集:    倉田慶子,高橋和俊【特集にあたって】

ちょっと気になる子どもの行動を正しく理解して,子どもと家族を支援しよう
倉田慶子

【知っておきたい知識】

(1)「発達障がい」とは何か
村松陽子

(2)発達障がい児への支援の基本的な考え方
田中恭子,他

(3)大人の発達障がい
梅永雄二

【ライフステージからみた支援】

(1)幼児期における発達障がい児への支援
金沢京子

(2)学齢期における発達障がい児への支援
服巻智子

(3)成人期における発達障がい者への支援
小川 浩

【支援の実際】

●教育・福祉における発達障がい児と家族への支援

(1)教育機関の役割
加藤 潔

(2)保育園での支援
影山竜子

(3)発達障がい者支援センターの役割
新澤伸子

●医療における発達障がい児と家族への支援

(1)専門医療機関の役割;医師の立場から
日原信彦

(2)プライマリケアの対応
秋山千枝子

(3)小児科病棟での対応
田中恭子

(4)急性期医療での対応
大屋 滋

(5)歯科外来での対応
高原 牧

【看護師・保健師の役割と看護の実践】

(1)専門医療機関における発達障がい児と家族への支援;看護師の役割と実際
竹田奈津子

(2)病弱特別支援学校(旧病弱養護学校)併設の病院における発達障がい児と家族への支援と役割
阿部修司,他

(3)地域における発達障がい児への支援;保健師の役割
森岡裕子,他

(4)発達障がい児への看護;小児看護専門看護師の役割と実践
市原真穂

【関連論稿】

小児看護に期待するもの;発達障がいの療育現場から
高橋和俊

【特別寄稿】

(1)障がいのある子どもを育てる母親の想い
両角美映

(2)仲間はずれにしないで! 非常時における障がいをもつ子どもへの支援と工夫
奥平綾子


奥平綾子の記事見出し

「仲間はずれにしないで!」
ー非常時における障がいを持つ子どもへの支援と工夫ー
 ・はじめに
 ・非常時の支援と工夫
   きちんと命名する
   理由を説明する
   みとおしを立てる
   していいことを伝える
   実際に出会う
   マイ◯◯を作る
   時間や期間は長めに伝える
   刺激を避ける
   選んでもらう
   場所を伝える
   happyを伝える
 ・グッズや荷物について
 ・仲間はずれにしない

なお内容はおめめどうの冊子

「自 閉症・発達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる)」

に書かれたこと、またその後の気づきなどが入っています。

ある編著者より
2012/05/10

 本特集が少しでも、関係者の方々にお役に立てば望外の喜びです。
 私も子どもが、中学校と小学校に通っておりますが、先生方がどのくらい発達障がいについて理解されているのか、甚だ疑問です。
 頭ごなしに怒られたり、手に負えないため関係しないようにされたりしていたら、残念でなりません。
 今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

※5月12日現在、アマゾンでは中古品のみ出品され、2600円を超える値段で取引されていますが、おめめどうでは定価で購入できます。

「非 常時の支援と工夫」無料ダウンロードデータページへ



ワンステップセミナー
ワンステップセミナー 
現地スタッフを募集しています


 ワンステップセミナーは、主催がおめめどうなので、経費等はおめめどうが出します。
 現地にて、スタッフをしていただくだけで、OK。

 現地スタッフにやって頂くことは
   ・会場探し(販売ができるところ)
   ・地元への広報(県域にお願いします)
   ・グッズ&書籍の預かりと搬入と送付
    (車でいけないところの場合)
   ・ケータリングの手配

です。

 我が県(地方)で、と思われる方は、ぜひ、ご連絡ください。
 いつでも随時にどうぞ。

 また、どうも、参加費(5000円)が〜、人数(30名)が〜、会場(100平米)が〜、とお悩みの場合は、お気軽にお問い合わせください。
 応相談にて、工夫や提案をさせていただきます。

過 去のワンステップセミナーの記録

過 去のワンステップセミナーでのユーザー様のミニ発表


この記事を読まれた方の感想

 ハルヤンネさん…私は、おめめどうさんの現地スタッフになりたいです。
 でもこの気持ちは私のデマンドで、ハルヤンネさんのニードではない、と思っています。
 なぜなら私には、「商売としての赤字だけは出しません」と言える実践と、自信がないからです。
 場所と企画の案はありますが、採算が取れるかどうか…種まきをされている2月の間に、自分なりの答えを出して、またご連絡したいと思っています。
「一生懸命に無駄になる事はなし」と、とても思わせてもらっています。ありがとうございます!!、です。

ハルヤンネから

 どうぞ、なんなりと、お聞かせください。
 脳みそって、経験したこと以外のことは考えられないのです。
 だから、他人の脳みそを使うんですよ。
 すると広がっていくんです。
 どんなことができるかは、わからないです。どうなるのかも、やってみないとわからないです。
 そこが、おもしろいところなんですね〜


kingstoneからのいらぬ解説。
 この場合の「デマンド」というのは本人じゃなく「周囲が良かれと思って要求すること」みたいな意味です。「ニード」は「本人が心からしたいと思う要求」 みたいな意味です。
 またおめめどうはワンステップセミナーだけでなく、講演・ダイレクトセールスなどなど、いろいろなイベント形態もありますので、どうぞご相談下さい。


問い合わせ先 株式会社 おめめどう
〒669-2223兵庫県篠山市味間奥190-8
E-MAIL:   haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
TEL&FAX 079-594-4667



松セット
松セット 3150円


竹セット
竹セット 2100円


梅セット
梅セット 1050円
2012年新年福袋!!
松・竹・梅セットをご用意しました。

松セット
  初めてイヤマフ
  イヤーフレックス(耳栓)
  イヤーエクスプレス(耳栓)

  3つのタイプの「嫌な音を軽減するグッズ」
  を揃えました。

  計3780円のところ3150円!!

  限定10組

  ネットショップへ






竹セット
  MITEKA 5枚
  MITEKAバー 5枚
  MITEKAチップ 5枚
  見通し下敷き

  その場の時間の流れを見やすくするセットです。
  もちろん長時間のスケジュールにも使えますが、
  ある場所で、急に手順を決める時に便利かな。

  計2783円のところ2100円!!

  限定30組

  ネットショップへ






梅セット
  おはなしミニ
  おはなしメモ
  おはなしビッグ
  おはなし下敷き

  本人から周囲に伝えたい
  周囲から本人に伝えたい
  そんなおはなしワールドへ

  計1365円のところ1050円!!

  限定30組

  ネットショップへ


黒豆煮豆の瓶
黒豆煮豆の瓶詰め


抽選箱
厳正なる抽選の結果


5名様に
5名様に当たりました


包
発送をもって発表に代えさせて頂きます

大 抽選会!!

 11月末から12月にかけて、たくさんの商品ご購入ありがとうございました。

「黒豆の煮豆の瓶詰め」大抽選会は12月26日(月)に行われました。

 左の写真のように5名様に当たりました。発送をもって発表に代えさせて頂きます。来年もおめめどうをよろしくお願いします。





巻カレ一年ポスター
巻カレ一年ポスター

黒豆煮豆のパッケージ
黒豆の煮豆パッケージ

瓶詰め
抽選で当たるのはこれよりもう少し小さいのがお一人様1瓶です。
「巻カレ一年ポスター」は無くなりました。
ありがとうございました。
2012/01/27

おめめどうの商品を1度に3000円以上お買い上げの方に
「巻カレ一年ポスター」を1枚プレゼント。

(無くなり次第終了です)

※「巻カレ一年ポスター」を使われた方の声
   ・今回2011年の ポスターを見て7歳の誕生日がしっかり
    イメージできたよ うです。誕生日だけでなく2011が
    彼に刻まれた瞬間 でした。ありがとうございます。
   ・学校の年間予定(長期休みなど)や、好きなイベント
    などの、お楽しみを書き込むのに便利!


抽選、終わりました

年末に抽選で「黒豆の煮豆」が当たります。

おめめどうの商品、購入価格いくらからでもOK。
12月24日(土)到着分で締切 
26日(月)抽選


去年の抽選会の模様

たいへんお得な月間。いごこちのいい暮らしのためにどんどんご購入ください。

昨年の黒豆の瓶詰めの記 事



おはなしビッグ
新 商品「おはなしビッグ」が出ました
2011.11.29

  B5サイズのおはなしメモです。

  小さい字を書くのが苦手な方にも書きやすくなりました。

  本人からの表現のために。

  縦182mm × 横257mm 50枚つづり

  315円

ネットショップへ




ワンステップセミナー
ワ ンステップセミナーを「私の地元で」
と希望される方はおられませんか
(2011.09.08 おめめどう通信を一部改変)

 そろそろ来年のことを決めていく時期になりました。うそっ!と思うかもしれませんが、学校を変わるなど、進路もそうですね、そろそろ、スタートして意思 表示していきます。会社は、仕事ですから、年末でおしまいというわけじゃないですものね。次々いこう!

 とりあえず、ワンステップセミナーの春くらいまでの会場を決めてしまおうと思っています。今年の1月は、京都でしたから、また、京都からスタートしても いいなと、昨日は、会場探しをしていました。また、全国に散らばる知り合い数人に会場探しのお手伝いをお願いしてみました。
 
 すぐ返事があり、その県ではまだ開催したことがなかったので、快諾にすごくうれしかったです。未踏県というのがあります。まだ、私が一度もお話に伺って いない県です。たいていは、すでに、大きな療育システムがあるところが多いですね。でも、驚くなかれっていうか、当たり前のことなんですが、未踏県ほど、 グッズのユーザーが少ないんですね。

 この現象は、どんな領域でも起こる「官ががんばれば、民はがんばらない。民ががんばれば、官ががんばらない」という理由からです。おめめどうは、民です ね。親御さん、支援員さん個人が、おめめどうにたどりつき、グッズを買い、ノウハウを生かしてくださることがほとんど。

 先日、訪ねてくださった元県議の方も、言っておられました。「なにかを事業を委託するとき、会社法人だと、そこの利益の手助けをするのか!と非難が起こ るんですよね。なので、自治会とかNPOとか<非営利>にすると、無難に収まるんです。すると、新しい情報、良い製品やサービスが二の次になってしまうこ とも多いです。私は、営利な会社法人でもいいものはいいと言っていきたいのですが…」と。

 官ががんばって、民はがんばらなくていいというのは、まあ、理想といえば理想なのですが、そうなると、おめめどうのような営利からの発信、情報は、届い ていかないということにもなっていくわけです。
 
 2012年ワンステップセミナーの会場や現地スタッフさんを募集しています。どうぞ、ウチの街で開催して〜と思われる方は、おめめどうまで、お気軽に仔 細をお問い合わせください。

過 去の「言いだしっぺ」の方の感想など

◆◆◆おめめどうのE-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
おめめどうのFAX:079−594−4667




ミニじゃないメモ帳4種
ミニじゃないメモ4種セット
9月のお買い得!!(終了しました)
「ミニじゃない四種メモ」
合計1260円のところを税込1050円で!!


えらぶメモ(315円)

TODOメモ(315円)

おはなしメモ(315円)

とけいメモ(315円)

四種類 計 1260円

のところ9月のお買い得商品として名づけて

「ミニじゃない四種メモ」

1050円(税込)

として、販売いたします

ただし、おひとりさま 5セットまで

 携帯に便利、小さい方が安い、こんなに大きく書かなくってもって、大人は思います。
 でも、それは、全部、大人の都合。子どもから考えてみると、枠が小さいというだけで、発信に結びつかないことがあるかもしれません。
 
 さて、9月お得商品は、私・ハルヤンネの願いを形にします。

 子どもからの発信を、子どもが使うコミュメモという視点から、あえて、ミニじゃない四種メモにしました!

ミニじゃないメモ・4種セット ネット ショップへ



お母さんの気持は?
お母さんの今の気持は?
お めめどうグッズの使用例を教えて頂けるとありがたいです
2011.8.20

 この「おめめどうのホームページ」では、おめめどうグッズを使って生活されている方の様子のサイトをご紹介したり、使用例を紹介させて頂いたりしていま す。私も、自分で作ったグッズたちが、活躍しているのを見て、すごくうれしいです。

 お買い上げいただいた方が、どうして使っているのかというのは、そんなには、伝わってこないものです。時折お便りをいただき、嬉しいなあと思って、それ を私のブログ「ふたつめの月がまわってくる」に載せていますが、 その程度です。自分は使ってきましたし、今も、毎日のように使っているけれど、実際他のご家族や教室での様子を見せてもらうと、本当に、ああ、よかったと 思います。

 使われている様子は、このホームページの「グッズを使った 居心地の良い暮らし」 を主として載せさせて頂いています。いろんなお子さんの姿が見えて、楽しいですよ。さて、もし、ご自宅での様子を、HPやセミナーで、ご紹介させていただ いてもよいという方がおられましたら、ぜひ、おめめどうへご一報ください。グッズを使っておられる画像とともに、簡単な説明を書いてお送りいただくと、一 枚の資料として、事例集にしていきたいと思っています。

 これからの巡業にも、ファイルとして、持って行きたいので(今は、最初の頃のコミュメモの例がほとんどなので)、もし、よかったら、うちの子のナンバー ワン!を、教えてください。

 おめめどう、知的障害・発達障害のための支援グッズが、もっと知ってもらえるように、いろんな場面で、使わせていただけたらと思っています。ご協力、ど うぞよろしくお願い致します。

おめめどうのE-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
おめめどうのFAX :079−594−4667

  ※携帯メルマガおめめどう通信8月20日分の一部をkingstoneが
   改変しています。

 左の写真はおめめどう通信に応えて送ってくださったもの。以下の文が添えてありました。

 こんにちは。
 今日のメルマガを受けて最近面白かったコミュメモを1つ添付しまし た。
 私が怒ったときに、息子から気持ちを聞かれちゃいましたよ。
 子どもがドンドン使っていくので、いやあ面白いです。



わくわく工房@ハル
♪わくわく工房@ハル
2011.06.25

を始めました。お客様のご要望をお聞きし、最適のグッズをセミオーダーメードで作ります。またご意見ご要望をお知らせ下さい。


大創業祭
2011.05.11
大 創業祭!

七周年の創業祭!5月11日から、月末まで、5%オフ


 おめめどうは、2004年5月28日に創業しました。そして、2009年五周年記念、2010年株式会社おめめどうへ名称変更。そして、今年で、丸七年 を過ごし、八年目の2011年は、syun、kingstoneを助っ人に加えて、三人体制でのおめめどうです。
 
 3月11日の東日本大震災から二ヶ月。初日から発信を続けた「非常時の支援と工夫」は、4月11日には冊子化し、すでに1500冊を東北へ届けました。 居心地の良い暮らしとは、「仲間はずれにしないこと」のメッセージをこれからも伝えていきたいです。

 そして、今日5月11日から月末までを、創業祭としてすべての商品を5%引きにて、販売いたします。(セミナーやセールスの会場では、いつも5%引きな ので、省きますね。)

 ネットサーフィンをして、いろんな人の発言を読んでいます が、理屈はわかってる、スケジュールしてる、絵カードは作ってるという方に比べても、実際おめめどうグッズを使うご家庭のほうが、ぐっとご家族間のコミュ ニケーションも、それから、環境調整も進んでいるように思います。
 まあ、手前味噌なのですが(笑)

 このお得な二週間(5月11日から月末まで)、どうぞ、ご注文くださいね。
 
 ところで、おめめどうの 巡業、夏までは、すごくたくさんあります。まだ、セミナーにこられたことのない方は、ぜひ、一度、受けてみてください。メソッドを知ってるのと、 実際にグッズを手に取ってみて、使ってみるのとでは、全然暮らしが違ってきます。

 7 月2、3日のHAPPY★セミナーは、特にお勧め♪なにより、素のおめめどうと出会える、超がつくリラックスタイムです。「作ってワクワク」も、 参加者の発表「語ってドキドキ」も、きっと楽しいです。一度で暮らしが変わる!かな?

 七周年を迎えた 株式会社 おめめどう 
 代表取締役 奥平綾子@ハルヤンネ



     
冊 子・巻物カレンダー配布プロジェクトは終了しました(2011.4.26)

 このたびは、ご協力ありがとうございます。
 多くの方が関心を示してくださり、かなり速いスピードで、冊子配布に至ることができました。最終的には1500組配布しました。
 すでに、無料冊子・巻物カレンダー配布プロジェクト自体は終了しました。
 ただ、残部がいくつかありますので、数部送らせていただきます。
  どうぞ、自閉症・発達障害児・者の方の暮らしに。お役立てくださいませ。

 よろしくお願い致します。


               
あ りがとうございました。(2011.4.21)

「自閉症・発 達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる)」の冊子と巻物カレンダーを、1000組、東日本大震災で被災された地域の関係機関 などを通じて無料配布することができました。協力して下さった皆様、本当にありがとうございました。



             
冊子と巻物カレンダーの配布を始めます(2011.4.12)


 震災から、ひと月の昨日、『自閉症・発達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる)』の冊子版が納品されました。最初の発信が、3月11日。そ して、冊子という形になったのが、4月11日。私には長く。じれったい日々でした。しかし、印刷屋さん、編集の方、すごく急いでくださいました。校正は女 子高生がしてくれ、できあがりは、ネットで配信しているのとは雲泥の差があるものになりました。


 夕方には、またM7.1の揺れ。福島の原発も終息には至っていません。どうなっていくんだろう東北、日本と思うけど、でも、自分がやっていけることをし て応援していくしかありません。その一つが、この冊子を、たくさんの人に手渡すことです。これからのひと月は、積極的に、アプローチしていきます。自閉 症・発達障害の子どもとの暮らしはそう楽じゃありません。非常時には、しんどいことが増えるでしょう。でも、仲間はずれにしないで、丁寧に情報を伝えるこ と、気持ちを汲むこと、そして、みえる化、みえるコム…それらを忘れないで欲しいです。おめめどうの気持ちです。


 まず、岩手、宮城、福島の各県の発達障害支援センター的機能を果たしているところにお届けします。また私が講演会などにうかがったところには送付するつ もりですが、他は、みなさんからの情報をいただきたいと思っています。昨日、スペース96の久保さまから、ご好意で、メルマガに、おめめどうさんの冊子の ことを載せたいと連絡がありました。とても、上手に書いてくださっているので、それを参考にしてみました。


<おめめどうでは、この冊子を東日本大震災で被災された地域の関係機関 などを通じて無料配布することにしました。冊子の配布受け取りを希望される場合は下記についてお知らせください。1.機関・学校・団体などの名称2.ご担 当者氏名 3.郵便番号、住所、電話番号(可能であれば携帯電話番号も)、ファックス番号 4.メールアドレス5.配布予定先6.希望冊数 7.送付先(上記の住所と異なる場合にご記入ください) 申し込み先 haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com


 できるだけ、しっかりとひとりひとりに届けるをしていきます。ただ、送付は個人ではなく、団体に一括してお送りすることでお願いしたいです。


 篠山の社会福祉協議会が募集している、救援ボランティア(20名)にも託すつもりです。人海戦術でいきたいので、ぜひ「うちから、東北へ行かれますよ、 持って行きましょうか?」というようなところも、教えてください。最低10組(冊子10冊、巻カレ10枚)からと考えています。   

 また、被災されていない関東以西の方、東北でも、日常的には、そう不便を感じておられない方は、ぜひ、お買い求めください。 ネットショップ→http://omemedo.ocnk.net/product/286


 経済をまわし、東北の復興を支えましょう。300円中の100円を、義援金にいたします。1000冊売れたら、10万円。それで、また小さななにかがで きるに違いありません。(注・販売価格は税込315円となります)




東日本大震災で被害にあわれたみなさまへ(2011.3.28)


 東北関東大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆さま、ご家族、ならびにご関係者の皆さまに、心からお見舞い を申し上げます。
 おめめどうは自閉症の方をはじめ、障害のある人への支援グッズ販売や考え方を広げることを主事業としている小さな会社です。貢献できることは非常に限ら れております。
 しかし、できることを精一杯そして迅速に行ってまいりたいと思っております。
 

 現在「巻物カレンダー」と「自閉症・発達障害の人たちへの非常時の支援と工夫」の冊子をセットにしたものを1000部被災地の自閉症や発達障害のある人 に関わる避難所や発達支援センターなどに寄付し送ろうとしています。現在、冊子を印刷中です。


 送り先について、いろいろなところから連絡を頂いておりますが、またご存知の情報がありましたらお教え下さい。

 一日も早い復興を願っております。

     株式会社おめめどう 代表取締役 奥平綾子
     〒669-2223 兵庫県篠山市味間奥190-8
     TEL&FAX:079-594-4667
     E-mail:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com

     災害の時に 東日本大震災の直後 からハ ルヤンネが伝えたものをまとめました。
           自閉 症・発達障害の人への非常時の支援と工夫(伝える・尋ねる)(無料)


お問い合 わせ先   講 演会・研修会のご依頼