シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネットショップ(携帯)お めめどうのことブログ メールマガジン

おめめどうのことが載った新聞や雑誌の記事

2012年3月26日
読売新聞月曜日の特集
たんたん(丹波&但馬)
人発信

2012年3月26日

2012年3月26日
自 閉症児用グッズを開発 
奥平綾子さん

意思疎通の手助けしたい

 自閉症の子供に対し、視覚に訴えて意思疎通をスムーズにするカレンダーやスケジュール帳などの支援グッズを製造販売する会社、篠山市味間奥の「おめめど う」。経営者の奥平綾子さん(48)は「子どもが快適に過ごせ、親の負担も軽くなる手助けを続けたい」と熱く語る。

 同市出身。1995年、次男が3歳で自閉症と診断された。パソコン通信や専門書で勉強し、子育てをしてきた。

 自閉症の子どもには、「ちょっと待って」と抽象的に言うより、「10分待って」とタイマーで示すなど、視覚で具体的に説明することが意思を伝えるのに、 欠かせないという。こうしたグッズを求めていた親たちのために、2004年に会社を設立。メモ帳やカードなどにもさまざまな工夫を凝らした。

 東日本大震災直後、被災地の自閉症児が困らない工夫をインターネットで発信。障害を持つ子と親が孤立死する事例を聞くたびに「親が抱え込むのは良くない のでは」と心を痛める。「支援グッズによって子どもの自立にもつながる」と普及を願う。


2012年3月8日
神戸新聞

ワ ンステップセミナー in 神戸
神戸新聞
災 害時の自閉症児ら
支援を考える
セミナー開催
11日、神戸


 災害時に自閉症児らをどう支えるか学ぶセミナーが11日午前10時から、神戸市中央区来た長狭通4の私学会館である。

 発達障害児らへの支援サービス会社「おめめどう」(篠山市)の主催。

 環境の変化が苦手とされる同障害の人に、イラストやメモを見せるなどして、分かりやすく視覚的に状況を伝える方法などを話す。

 支援者、保護者らが対象。
 参加費5千円。
 先着15人。
 申し込みは同社の奥平綾子さん
(電話マーク)090・8208・9082


2011年8月24日
丹波新聞

き らり☆
「支援グッズ・自立課題製作会」

丹波新聞


2011年7月7日
丹波新聞

丹 波篠山 発達障害を学ぶ教員と支援者の会 きらり☆
きらり


2011年6月11日(?)
中国新聞
ワ ンステップセミナー in 徳山 山口県
中国新聞


2011 年5月19日
丹波新聞
発 達障害を学ぶ教員と支援者の会 きらり☆連 続セミナー
丹波新聞20110519

2011年5月
「ささ やまな人たち」

ささやまな人たち

記事の写真

記事


2011年5月14日
読売新聞

20110514読売新聞の記事


2011 年3月10日
神戸新聞

神戸20110310

Web上の記事はこちら「発達障害者支援考え る NPO法人が神戸で講座



2010年5月11日
愛媛新聞

愛媛20100511


  これはおめめどうじゃないですけど、篠山で映画「ぼくはうみがみたくなりました」の上映会の情報

2011年4月19日
折り込み広告













2011年4月18日
丹波新聞

ぼくはうみがみたくなりましたのチラシ

丹波新聞20100418


2010年3月29日
愛媛新聞

愛媛新聞20100329

2009年5月14日
神戸新聞

神戸20090514

2009年2月5日
丹波新聞

丹波20090205

2008年12月7日
神戸新聞
















2008年11月30日
丹波新聞

就労支援の講演会


丹波新聞20081130

2008年9月3日頃
福井新聞

福田首相が辞任した頃
福井新聞20080903

2008年5月18日
丹波新聞

丹波新聞20080518

2008年5月15日
神戸新聞

神戸新聞20080515の1

神戸新聞20080515の2

2008年3月12日
京都新聞

京都新聞20080312

2007年10月19日
神戸新聞

明石洋子さんを
迎えての講演会
神戸新聞2007年10月19日


2005年2月頃
丹波新聞


































2005年11月30日頃?
朝日新聞




































2005年11月23日頃?
毎日新聞

丹波新聞2005年2月頃


朝日新聞2005年11月30日?

毎日新聞2005年11月23日頃?


おめめどうのことへ
おめめどうTOPへ
お問い合 わせ先   講 演会・研修会のご依頼