シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネッ トショップ(携帯)お めめどうのことブログ メー ルマガジン


HAPPY★セミナー 
2011年7月2日・3日
 記録と感想





オードブル(生ハム)
オードブル
枝豆のスープ
枝豆のスープ
魚料理
魚料理
肉料理







第8回HAPPY★セミナーin大阪
2011年7月2日(土)〜7月3日(日)
今回のテーマは障害特性・自己責任・社会参加


場所:新大阪江坂東急イン 
ホームページ http://www.esaka-i.tokyuhotels.co.jp/

【タイムスケジュール】
7月2日(土)
 13:00     現地集合→受付
 13:30〜14:30 研修会1(自閉症・発達障害の世界を知ろう)
 14:30〜15:00 フリータイム
 15:00〜16:00 研修会2
        (おめめどうグッズのある暮らし、語ってドキドキ♪)
 16:00〜16:30 フリータイム
 17:00〜18:00 研修会3 (自立とは自己決定である)
 18:30〜20:30 夕食(レストランにて、コース料理をご提供)
 21:00〜    オプション酒話会
 
7月3日(日)
  7:00〜    朝食(素敵なバイキングです)
  9:00〜10:00 研修会4 (Q&A)
 10:15〜11:45 研修会5 (作ってワクワク♪制作会)
 12:00     現地解散

参加費:38000円(朝食・夕食代、ホテル代、研修費込み。
    ホテルまでの交通費、オプション参加は各自のご負担)
   (シングルでお申し込みの場合の料金。ツインにされる場合は、
    2000円引き。)

対象者:自閉症・発達障害のお子さんをお持ちの親御さんを中心として
    いますが、教員、支援者さんも、どうぞ、お申込ください。

参加者数(今回は定員):15名 先着順



参加者の感想


興奮気味で帰りました

 ハッピーセミナーでは大変お世話になりました。ありがとうございます。

 二日間、いつでも相談できる距離にハルさんたちがいてくれること…とても贅沢な時間でした。ちょっとした雑談や立ち話でも、全部メモしておきたいぐらいでした。

 息子との関わりどうしていったらいいのか、なにが分からないのか自分でもワカラナイ…そんな状態での参加でした。なにか糸口を見つけたくて飛び込みました。参加して本当によかったです。

 お話聞きながらも、実感がわかなかったり、難しいなぁと思うこともいっぱいありました。でもハルさんが噛み砕いて、身近な例で話してくださったので、わかりやすかったです。

 帰り道、今までやってるつもりになっていたスケジュールやなんかを、早く見直したくって興奮気味で帰りました。勉強したいことがたくさん見つかりました。


かなりの冒険でした

 初めてのセミナーがハピセミ、内容てんこ盛りで、今も頭の中が全然まとまっていませんが、子供たちと接する時の心持ちが確実に変わりました。
 「待つ」ことを意識してみたら、こどもたちの行動ややっていることを、むしろ楽しく見守れるような気がします。今まではイライラと見守る(というより見とがめる)ことが多かったので。
 
 自己決定の権利の話、予想通り難しかったです。でも、いつか心にコトリと収まる予感がします。それまで、時間をかけて何回も考えていきます。

 昨日お風呂の中で娘が「じゃんけんしよう。」と言いました。いつも面倒で、「じゃあ3回ね。」などと私が決めていたのですが昨日は娘に「何回やるの?」 と聞いてみました。すると娘はとてもうれしそうに「じゃあ、11回!」約束通り11回やったら、すんなりお風呂からあがっていきました。小さいことです が、なるほどと思ったことでした。
 
 今回のセミナー、学童期や青年期のお子さんの、いろいろなお話が聞けました。どの時期にも切実な問題が起こっていくんだなあと思います。なので、「幼児 期はひたすらかわいがって。」という話も納得です。幼児期にしっかりかかわって、手立てをして、信頼関係をつくっておこうと思います。
 
 いや〜、本当に頭の中がまとまりません。おめめどう初心者で@@からのハピセミ参加、かなり冒険でしたが行って良かったです。私の仕事とか夫の単身赴任とか、条件的には厳しいのに都合がついたということは、我が家にとって必要なことだったんだと思います。
 
 ハルさんはじめ、syunさん、kingstoneさん、スタッフのみなさん、参加者のみなさんには、お世話になりました。

10月横浜のセミナーも、私か夫が参加予定です。




乾杯
乾杯

案内板
案内表示

ヴァイキング
ヴァイキング



親も楽に、子も楽に

 大阪での2日間、たいへんお世話になりました。
 おめめどうを知って、まだ1年足らず。初めて参加するのがこのハピセミになりましたが、これまでメルマガ、ハルネット、ブログなどで読むだけだったこと を実際に聞けて、本当に有意義な2日間でした。いっぱい感想などを書こうと思ったのですが、いろいろありすぎてまとまりそうにありません。
 
 なので、ひとつだけ。これまで息子のためにできることは、自分なりに精一杯やってきたつもりです。
が、学校を卒業してからは、先生との付き合い、行事への参加、PTAなどのごちゃごちゃから解放され、心底ほっとしました。息子もある程度落ち着いて、これからはできるだけ楽したいなあ、頑張らなくていいようにしたいなあと思うようになりました。
 それだけ、自分も年をとったということなのでしょうね。
 視覚支援の重要性は身にしみて感じます。
 3,4才の頃、カードでほしいアイスクリームを初めて示してくれた日のことは一生忘れないでしょう。
 ハルさんにはお話ししましたが、これまでほとんど自己流でやってきた方法を、おめめどうのグッズを使って、きちんと整理していきたいと思うようになりました。
 他人に息子を託す時、「これをこんなふうにこうしてください。」と、ごちゃごちゃ言うのではなく、「おめめどうのメモを使ってもらったら大丈夫です。」 と言うだけで、すべてOKとなってくれたらどんなに楽でしょう。それには、もっともっとおめめどうのグッズが普及してもらわないといけませんね。
 
 今後は一層、『親も楽に、子どもも楽に』。これを目指したいと思います。
 
 いろいろ考える機会を与えてくださり、心から感謝します。
 
 最後になりましたが、頭だけでなく、心もおなかも満足させてくださったハルさんをはじめ、syunさん、kingstoneさん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いします。







HAPPY★セミナーの記録と感想目次へ
おめめどうTOPへ
お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼