シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネッ トショップ(携帯)お めめどうのことブログ メー ルマガジン

    加西特別支援学校公開研修会

    2012年2 月8日(水)15:00〜16:45


電車
加西を走る電車
ニッポン移住・交 流ナビ様より



店開き
公開研修での店開き
まず見て頂かないことには始まりませんもんね

加西市立加西特別 支援学校での公開研修会の講師として

奥平綾子(ハルヤンネ)
大西俊介(syun)

の2名が講演しました。

参加者数:60名

グッズや書籍もよく売れたようです。


参加者の感想

・講演の内容がとても具体的で分かりやすく、支援の方法、必要なことがよく分かりました。支援グッズの販売もとてもよかったです。
 
・自閉症の人の特性や感じ方を教えていただき、ありがとうございました。学校の中で、自閉症の生徒が生活しやすいように今日の研修を生かしていきたいと思います。
 
・発達障害のある方が、頭の中では考えが整理されにくくそのために視覚的な支援がとても大切であるということが、メールの具体例でよく分かりました。分か るだろうと勝手に判断してしまうことが、その方に対して困難をしいていることになっていることがあるように感じました。点検していきたいです。
 
・自閉症の子供との暮らし方5つの原則、分かっているつもりでいましたが、改めて自分自身支援の仕方を振り返る良い機会になりました。Q&Aでの声かけし ない、教師は声かけすぎ、子供を見ていない、待つことの大切さは痛感しています。分かりやすいスケジュールを作ること、筆談コミュニケーションの工夫など 担任で話し合い、子供の支援ができるよう努力したいと思います。
 
・実際にご家庭でされていることを伺い、手立ての大切さを改めて感じました。具体的でよかったです。支援グッズも手にとってみることができて、役に立ちました。
 
・自閉症、発達障害のことについて支援者がもっと学ぶことが必要だと改めて思いました。特にコミュニケーションをとること、待つということは、日頃の対応を思い返しても大事だなと、これから気をつけていきたいと思います。ありがとうございました。
 
・発達障害のお子さんをもっておられる保護者の方という目線での話が聞けてとても良かった。教師とはまた違った見方で、より長い視野での子どもの支援につ いて知ることができました。教師について指摘された点については、改めて考え直させられる機会になりました。今後の指導・支援に活かしていきたいと思いま す。
 
・自閉症・発達障害の子ども達への関わり方、基本的なところを教えていただき、本当に参考になりました。特に排泄、食事、睡眠について、その子が快適にし ていることが大切だという話を聞いて、また好きでないことを無理矢理やらせるということは絶対にしてはいけないんだなぁと痛切に感じました。
 
・具体例をあげて、とても分かりやすいお話でした。Q&Aも即、答えてくださって日々の実践に活かしていけると思いました。
 
・具体的な事例に基づいたお話で自分がしなければいけないことを明確に示して頂けたと思いました。発達障害の子どもたちの特性をとらえ、適切な関わりや環 境をつくることで、お互いに過ごしやすくなると思いました。あきらめない支援を続けていきたいです。ありがとうございました。
 
・思春期の特性等、教師として児童・生徒との信頼関係をこわすような言葉がけをいっぱいしていたと反省しています。Noと言えるコミュニケーションづくり、関係づくりができるように取り組んでいきたいと感じた。
 
・自分の気持ちを言葉では上手に表現できない発達障害の子ども達が筆談やメールなどのコミュニケーションの手段を使うと気持ちが理解され、行動が落ち着く ことがわかりました。自閉症の子供との暮らし方の5つの原則もとても参考になりました。即クラスの生徒に実践したいと思います。
 
・とてもためになりました。自閉症児童生徒の持つ困り感の一部が、また関わり方のヒントがわかったような気がします。早速指導に使わせていただきます。
 
・お二人ともお話、Q&Aまでしっかりとしていただいてよかった。奥平さんの実体験をもっと聞かせていただきたかった。視覚支援以外の支援ももっと聞きたい。
 
・“教師は声をかけすぎだ”と言われていたことが印象的でした。子どもたちが動くのを待たなければと思いながらもついつい声をかけてしまっているなと思います。子どもたちが自主的に動けるように声かけは少なくし、見守る姿勢が大切だと思いました。
 
・今日の話を聞き、子どもの行動をよく見る必要があると感じました。余計な声かけで混乱させてしまったり、やってほしくない事を習慣付けしてしまうような 行動を取ったりしてしまったと思いました。私自身待つことをせず、ついつい手や口を出してしまいがちなので、じっくり様子を見られるように気を付けたいと 思います。
 
・わかりやすい内容でした。本人に事柄を選択させることが有効であることが分かったので、さっそくやってみたいと思いました。
 
・支援グッズを障害児者が自分で使えることが大切なのだなと思った。自己選択をできる環境を(受け入れられる態勢を)意識していきたい。自己選択、自己決定することの大切さを感じた。
  メールの文章がとても興味深かった。普段の児童とのやりとりの中で反省したり、こうしてみようと思ったり、自分を振り返るいい機会になった。
 
・わかったつもりでいたことや何の根拠もないまま、やっていたことがたくさんあったと思いました。自分のクラスの生徒のことをわかったつもりでいたように感じさせられました。また新しい視点から子ども達を見て行けるようになったと思います。ありがとうございました。
 
・「なるほど」と思うことばかりで貴重なお話がきけてよかったです。子どもの気持ちを「〜だろう」で動いてしまっていることがダメだったと指摘され、ぐ さっとさされるものがありました。子どもたちが一人で動けるようになることの大切さを考えさせられました。大変参考になりました。ありがとうございまし た。
 
・“当事者”の想いや願い、“第三者”の考察や手立てなど具体的な話が大変参考になった。視覚支援を上手に活用しつつ、視覚支援のみに片寄らない手立てを見つけるためにも児童・生徒の観察に努めたい。
 
・あらためて、子ども達の生きにくさを考えさせられました。何とか少しでも支援をしていけたらと思います。
 
・奥平さんには、自閉症の特性を分かりやすく教えて頂き、ありがとうございました。大西さんには、発達障害の人の頭の中について、分かり易く教えて頂きよかったです。最後のQ&Aのお話が特によかったです。
 
・直接自閉症の方と接する事が日頃ないのですが、幼い子どもにとっても見通しが立たないという事がしんどい事だし、選ぶという事だけでモチベーションが上 がるというのは通じるものがあり、すごく参考になりました。実際にメールを見せて頂き、自閉症というものがわかりやすくいろいろ感じることができました。 見える形のコミュニケーションがどれ程大事なものかということがよくわかりました。ありがとうございました。
 
・基本的で具体的な支援を教えて頂き、ありがとうございました。くり返しの支援の大切さを改めて感じました。
 
・頭の中を整理するための支援をあるがままの姿を受け入れ、やっていきたいと思います。出来る方法をさぐることですよね。ありがとうございました。
 
・ご自身の実践、体験を元にお話をされていたので、とても分かりやすく具体的な支援の方法を多く教えて頂き、とても参考になりました。明日からの生徒とのコミュニケーションや支援に活かさせて頂きます。
 
・実体験を元にしたお話で大変分かりやすくて参考になりました。ありがとうございました。
 
・私自身知識や手立てを知らずに子ども達に悪いことをしているなーと思いました。今日の研修会で悩んでいたことが2つ解決しました。ありがとうございました。
 
・専門的な事を伝えて下さるというよりも、奥平さんの経験を元にお話しして下さったので、すぐに取り入れやすく、またわかりやすかったので、園に戻ってから取り入れていきたいと思いました。この研修に参加できたことに感謝致します。
 



講演会の予定と記録の目次へ
セミナー・講演会・ダイレクトセールス・オブザーバーなどの説明へ
ホームページTOPへ

お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼