シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネッ トショップ(携帯)お めめどうのことブログ メー ルマガジン


  
丹波篠山 発達障害を学ぶ教員と支援者の会 きらり☆連 続セミナー1回目記録

篠山四季の森会館
四季の森生涯学習センター

第 1回 「障害支援とは」 
    (前半:講義  後半:Q&A)
     5月22日(日)14時〜16時


場所:四季の森生涯学習センター 第2会議室
  (篠山市網掛429  TEL 079-594-1180)
  地図 http://www.its-mo.com/z-126230763-486674922-11.htm

対象: 教員・福祉関係者・保護者・当事者・その他
    主としては教員・支援者対象ですが、その他の方の参加もOKです。

会費:1,000円(各回)

定員:30名

申し込み  お名前(ふりがな)
      ご住所
      ご連絡先(eーmail・Fax番号・電話番号いずれかでOK)
      お立場(教員・福祉関係・専門職・保護者・当事者)
      を明記の上、お申し込み下さい。

<お申し込み・お問い合わせ先>
      Fax : 079-552-6070
      eーmail : textfivesankyoudai@yahoo.co.jp
      発達障害を学ぶ教員と支援者の会 きらり☆ (鶴(つる)海(み))あて

会場のご案内  
      ○車でお越しの方  :会場に駐車場有ります
      ○電車でお越しの方 :徒歩 JR篠山口駅より18分です。
      神姫バス 篠山口 13時07分発 or 13時37分発
        「篠山営業所」行きに 乗車
        「福祉センター前」、または、「四季の森会館前」 下車

※おめめどう商品の展示もいたします。   ※託児はありません。
※参加費は、当日 受付でお支払い下さい。 ※一回だけの参加もOKです。

主催   発達障害を学ぶ教員と支援者の会 きらり☆
協賛   いのちのうた  
後援    篠山市教育委員会






ハ ルヤンネの直後の感想

満員御礼♪
 なんかごっつ嬉しい。
 きらり☆知った顔があちらこちら。

懐かしい感覚
 昔昔、こんな、会をしていたなあという雰囲気。
 懐かしくてとても、よかったです。
 がんばって人集めした言いだしっぺさん、ごくろうさまでした。

ICFの話
 これ聞いてからじゃないと、スケジュールとか構造化の話聞いても、ただ、ヤバイだけですよ。

(kingstone注・ICFとは「国際生活機能分類」こちらが平成14年(2002)の厚生労働省のページ。これ読んでもさっぱり私にはわかりません。要するに「どないしたら社会に参加できるのか、ってとこから考える」っちゅう話です。もちろん「この場合は参加しなくていい」という話も含みこむと思う)






参加者の感想

教師

・支援の基本姿勢、反省すべきことがたくさんありました。どうしても「〜できるようになってほしい」から出発することが多かったように思います。「〜できるために何をするべきか」を我々が考えるようになりたいと思いました。
 
・具体的なおはなしでわかりやすかったです。居住地からこの会場が遠いので一日で(もう少し長い時間)の講演、具体的な例をお聞きしたいと思いました。
 
・自分の支援のあり方を再度見つめ直すいい機会となりました。次回も参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。
 
・今日はありがとうございました。自分の支援方法を改めて考え直すきっかけになりました。参考にさせていただきます。
 
・具体的でわかりやすいセミナーでした。ICFのこともよくわかりました。Q&Aとてもよかったです。次回も参加します。
 
・幽霊の話で、目からウロコな気分でした。今までの支援を考えなおすきっかけになりました。ありがとうございました。
 
・今日はこの講義に参加することができ、大変よかったと思っています。まだまだ勉強不足、思い違いがあるということを痛感しました。次回もぜひ参加させていただきたいです。
 
・セミナーに初めて参加させていただきありがとうございました。大西先生や奥平先生のお 話を聞いて、とてもわかりやすかったですし、職場でも実践しようと思いました。また、周りの子ども達に対する接し方も考えなおすことができました。次もぜ ひ参加させていただきたいと思います。
 
・とてもいいお話が聞けてよかったです。障がいをもった子どもとコミュニケーション、ふれあうこと、悩みや不安などたくさんありました。全てをうまく活かせるか分からないが、ゆっくり二人三脚のようにしていきたいと思います。
 

保育士

・学習会に初めて参加させていただきました。障害支援とは訓練をすることでなく、環境調整ということで、日常の中でも見直すことがたくさんあるなと思いました。その子にあった環境改善をしてやりたいと思います。
 
・私は今年初めて自閉症の子の加配に付いているのでまだまだその子のことが分かっていない部分もありながら、今回きたのですが、絵カードを作って見せながら支援すればいいなど強制はしてはいけないなどたくさん学べました。ありがとうございました。
 
保護者

・実体験からの話が多かったので参考になると思いました。
 
・大変勉強になりました。個々の例を本にしてみてはいかがですか?1つ1つの事例、本当に勉強になります。
 
・よくわかるお話でした。学校の先生でも知識のある人ない人がいます。先生によって学校生活に影響があります。支援される人はそれなりの知識をもってもらえると嬉しいです。
 
・先天性障害と中途障害のちがい、同じサポートでも大きな違いがあること、告知の大切さ、とてもはっきりわかりやすく教えていただきました。小3知的障害 のない自閉症の息子への告知の準備を今、ちょうど進めています。もやもやした迷いがなくなりました。学校との連携、挫折しかけていた所にこのセミナーに参 加でき、元気をもらいました。ありがとうございました。
 
・前半の大西さんのお話、何度も聞いたはずなのにいつのまにか忘れていることが多く、ああそうだったと再確認しました。Q&Aは出さなかったのですが、他の方の聞いているうちに我が子にもあてはまることがいくつもありました。
 

その他

・不登校に関するアドバイスまでいただきありがとうございました。「環境改善」の大切さがよく分かりました。少しずつでも改善していけたらと思いました。
 
・今日はありがとうございました。困っていることについて、生活レベルから支援をする=環境調整ということばが印象に残りました。

後から来たメール

 とてもわかりやすい、納得できる学習会でした。ありがとうございました。
 参加者が帰られるとき、皆さん表情がほっと軟らかくなられているのを感じました。    



丹波篠山 発達障害を学ぶ教員と支援者の会 きらり☆連 続セミナーの予定と記録の目次
お めめどうのセミナー・講演会・ダイレクトセールスのページへ
お問い合 わせ先   講 演会・研修会のご依頼