シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネッ トショップ(携帯)お めめどうのことブログ メー ルマガジン


西宮 おめめどう講座 幼児期・学童期
〜自閉症・発達障害の人たちへの 支援〜


梅八うどん
梅八うどん

2012 年6月16日(土) 13:30〜16:00
「手立て2. 過ごしやすい生活空間のつくり方」

◆ 講師:奥平綾子@ハルヤンネ

◆ 場所:西宮市民会館 302号室

◆ 会費:2000円 

◆参加者:4名

参加した方からのお便り

2012/06/18
 16日はありがとうございました。
 本当に行ってよかったです。
 直接話を聞くことは、ネットで読んで理解することとは違いました。

 一対一対応の訳。
 最初が肝心な訳。
 小さいときからカームダウンエリアに行く訳。
 カームダウンエリアは、無の空間にする訳。
 カームダウン完了間近に余計なことをしちゃいけない訳。

 結果としてただ頭で覚えていたことに、理由がつけ加えられたので、断然理解できて幸せでした。
 ありがとうございました。

 追伸 娘はおそらく左利きのようです

2012/06/18
 毎回西宮相談室(kingstone注・西宮おめめどう講座。でも今回は個別相談の時間も取れた)は、内容が充実していて、不思議に思った事に直ぐに応えて下さるので、私はとっても好きな講座です(^^)
 前回の相談室の後、マットと机を購入しました。
 その時悩んでいた私を特定の場所へ移動させる行動は減り、私の行動を気にしなくなりました。

マットと机

 勉強?(線引き塗り絵の時)は、机にシートを広げてしています。
 ちょっとした知識が先に合ったら直ぐにその場面が来た時、対応出来るし、いつもグッズをなんやかんや揃えてます。
 いつか使えると信じて(^^;)
 今日の得た知識も転ばぬ先の杖です。
 いつもハルネット等で疑問が出たらすぐに講座のテーマにして下さって嬉しいですo(^-^)o

         おめめどう支援相談メーリングリスト「ハルネット」の説明

参加されなかった人からのお便り
2012/06/18

 いきなりですが…
 2月の末、@@市議会に、ある条例案が出されました。
 大阪市と同じような状況になるのが予想されていたので、条例制定の反対運動に関わっています。今日の市の委員会で、人生初の意見陳述をして来ました(プルプルに、緊張しました〜)。
 ハルさん、syunさんに教えてもらえた「選択活動のたいせつさ」が、「選択の権利を守りたい」と思って動いている今の自分につながっています。
 明日の西宮講座、もうヘロヘロで行けませ〜ん、が、落ち着いたらまた必ず参加させてもらいます。
 私、ハルさんに出会えた事に支えられてるな、と感じています。


(kingstoneの感想)
「物理的構造化」の話だけど、単純なそういう話にはならないだろうと予想
して行ったら、やっぱり違いました。まあ「物理的構造化」と言えば言える
のだけど。
「カームダウンエリア(落ち着く場所)」と「リラクゼーションの空間」の
違いも話題のひとつでしたが、syunの言うことがわかるようでわからない。
これは「私(kingstone)のわかりが悪い」ってのもあるかもだけど、もと
もとsyunの言うこともわかりやすくない、ってのもある。で、いろいろ
ツッコんでようようわかりました。「その場所の構造」「その場所の機能」
でどっちゃにもなる。ってなんのことかわからないですよね(^_^;)
いろいろ図や映像をお見せしながら丁寧に説明したらわかって頂けると
思いますが。

 なお参加者には高等部の先生がお二人おられ、グッズも買って下さい
ました。実践でお使いになってもなかなかいい感じなようです。そのこと
を書いたハルヤンネの携帯メルマガ「おめめどう通信」への返信が下のも
のです。
 結局のところこの西宮おめめどう講座「幼児期・学童期前期」とか
「思春期・青年期・成人期」と一応分類してますが、あんまり関係ない
かもしれません。

今日のメルマガ読みました。

 私は、前の学校でも、コミュメモを使っていましたが、今の学校 (高等部)
に来てからの方が、よく使っています。

 最初、高等部だし、どうかな・・・と思いながらも「書いて」と差
し出すと、抵抗なく書き出してくれました。もう、8人くらいと話し
ましたが、すっと書いてくれます。 書いたほうが言いたいことが言え
ているように思います。

 中には書くとき「あっち向いといてな 」と言いながら隠して書く子
もいますが、次々返事を書いてくれました。

 前年度から買いだめしていたものがなくなったので買いたいと思っ
ていました。

 今まで自分の本当の思いを言えたことがない無い子が多いのかな・・
と感じてます。


◆お申込&お問い合わせは…◆
 おめめどうのE-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
 おめめどうのFAX:079-594-4667


西宮講座の目次へ
おめめどうのセミナー・講演会・ダイレクトセールスの紹介へ
お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼