シェリー部長ロゴ           味間一 おめめどう食品部           Go to English page
  ホーム ネットショップ(PC & 携帯電話対応)お めめどうのことブログ メー ルマガジン



ワンステップセミナー   AさんB子さんの記録・感想
2011年





































食べる量がわかる工夫
食べる量がわかる工夫
この場合、おかわりがひとつめ、ふたつめ、みっつめとカードをお終いボックスに入れていき、でカードがなくなったらおしまい、 と伝えておられるのではないかと考えられます。
いろんな種類を何でも欲しがる、とかいう場合だと、ポテト→チョコ→ガムなどという応用もできます。














































サンダルを履けるようにする工夫
サンダルを履けるようにする工夫。しまじろうと苺。下にも同じ絵があってマッチングするようになっていると思われます。
 Aさんは地方都市に住んでおられる方。

 2010年夏頃におめめどうとつながりました。

 2011年1月の京都のワンステップセミナーにはQ&Aを送って来られたにも関わらず大事な用ができて参加できず。しかしハルヤンネがレジメと 回答をお送りしました。その後の記録です。遠方にも関わらず京 田辺連続セミナー愛 知県瀬戸市のワンステップセミナーにも参加しておられます。ハ ルネット(支援相談メーリングリスト)も利用され、直接顔を合わせてQ&Aのできるワンステップセミナーや講演会も利用されている、とい うことがわかります。

ーーーーーーーーーーーーーー
 Aと申します。

 2011年1月の京都でのワンステップセミナーには参加できませんでしたが、その時質問させていただいたことに回答いただきましてありがとうございまし た。
 だいぶ前の話で申し訳ございません。

 質問は、遊びでも食べ物でも終わりができないのでどうしたらいいですかという質問でした。

 遊びでは気が済むまでさせてあげたら、B子自身が本当に、自分でけりをつけていました。十分したら満足がいくようで、B子自身が納得して次に移れまし た。

 例えば、最近のことでは、寝る時間になっても遊びに夢中だったのですが、十分遊んだら自分でおもちゃを置いて、枕を選んで寝室へ歩いていました。その 後、すんなり寝ました。本当に待つって大事なんですね。

 ついつい私のペースでB子の気持ちを無視してB子を動かしていた頃は、癇癪がありました。適当な予告をした時もB子を苦しめてしまいました。

 今では、出かける時など、夫に「車の写真はどこ?」って聞かれます。夫の存在はB子にとって居心地いいものになってるような気がします。ちなみに、あ さっての京田辺には私のかわりに夫が参加します。9 月のワンテップセミナーも楽しみにしているようです。

 食べ物では、B子に見える形でおしまいを伝えたら、終わるようになってくれました。


 スナックやメロン、今では食べ過ぎなくなりました。たまに、もっと欲しいと言うときは、外遊びやおもちゃで選んでもらってます。それもうまくいかない時 は、その時また考えてます。

 本当に子供は毎日の暮らしの中で生きてるんですね。当たり前ですが…。
ーーーーーーーーーーーーーー
 ハルさんこんにちは。
 Aと申します。

 2011 年4月の京田辺のセミナーで、夜の寝付きが悪いことを相談させていただきました。ハ ルネット(支援相談メーリングリスト)でも相談していたことなのにすみませんでした。詳しく回答いただきありがとうございました。

 B子の生活を見直すことからしてみました。

 嫌がる場所には絶対連れて行かないというのが、まずすぐにできることなのでしました。

 また、B子が苦手そうな人にもあまり会わないようにしました。

 あとは、B子の暮らしの中は、B子に確実にわかる形で伝わるものを使う。無理はさせない。好きなことはとことんさせる。ゆったり過ごす。だいたい毎日決 まった感じで過ごす。

 少しずつ、夜は以前よりは穏やかになった気がします。ただ、たまに寝室で苦しそうにします。その時は、B子の一日を振り返ります。単純に眠いのになかな か寝付けなくて苦しい時とか、昼間のあれこれが無理だった時とか。

 保育園入園の11月に早くなってほしいと思う時もありますし、今たくさんB子を観察できる時間があるのでいいなと思う時もあります。

 基本的に寝ても短い時間なので、私の寝不足はあまりかわらないかもしれないですが、B子の立場では、B子が自傷をせず穏やかに寝てくれるのは、B子自身 苦しまないので、すごくうれしいです!
ーーーーーーーーーーーーーー
 ハルさん、こんにちは。
 Aと申します。
 何度も本当にすみません。

 2011 年5月の瀬戸でのワンステップセミナーで質問させていただいたことについてのその後の報告でメールいたしました。

 質問は、外遊びがしたいと子供が私に伝えるにはどうしたらいいのでしょうか、でした。

 ハルさんが、外遊びをしたいと思う環境をというアドバイスをしてくれました。

 その後、B子が自分ではきやすい靴を買って、そのテープ部分には、わかりやすいように、B子の馴染みのマーク(しまじろうと苺)をつけて、ココをぺった んとするんだよと教えています。

 写真じゃなくて、実物で靴を見せたり、外遊びのおもちゃを見せたり、靴を履く低い台を用意したり、ハルさんが教えてくれたことを、やれるとこからやって ます。まだ、私に、外に行きたいと伝えてきませんが、外に行きたい環境だけはできるだけ整えるようにしてます。

 ハルさんが言うように、やっぱり環境調整ですね。
 外に行きたい思いが強くなれば靴も自分で履きたくなるでしょうし。

 本当に勉強になります。
 ありがとうございます。




ワンステップセミナー記録と感想の目次へ
お めめどうネットショップへ
お めめどうのセミナー・講演会・ダイレクトセールス
お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼