シェリー部長ロゴ           味間一 おめめどう食品部           Go to English page
  ホーム ネットショップ(PC & 携帯電話対応)お めめどうのことブログ メー ルマガジン

あるお子さんの小学校2年生から5年生の記録

   ※ご注意 記録を読まれる時のご注意について。
        ここに記録されているようなことは「いきなり」「最初」からできたわけではありません。
        おそらくはいろいろやってみられて多くの「失敗」をしつつやっていかれたものです。
        また「使われる本人さん」「周囲の状況」によっても、いろいろなことがおおいに変わってくるはずです。
        私(kingstone)があれこれ書いていますが、私は実際の発表は聞いていませんので、
        書いてあることがトンチンカンであったり的はずれであったりしている点が多々あることかと思います。
        しかし周囲も本人さんも「伝えたい」「知りたい」という点は間違いないところだと思います。

     
小 学校2年生

選ぶメモを使い始めた頃

小さいケーキと大きいケーキ
2

 一人用のケーキかホールのケーキか選んでもらってますね。
 まさか「ホールを一人で食べる」ってことじゃないと思いますが。

小学校3年生

パンかごはんか
3

 この頃、指さしで選ぶことができ始められたようです。
 
おやつを食べる食べない
4

 おやつも「食べる」か「いらない」か尋ねてはります。

バランスボールで遊ぶか遊ばないか
5

 もともと大好きなバランスボールですが、それでも「遊ぶ」か「遊ばない」か尋ねておられます。

行くか行かないか
6

 この頃、◯を書いて選ぶことができるようになった、とのことです。
 
朝のスケジュール
7

 見通しメモを使って。
 毎日の朝の「決まりきった行動」もきちんと見てわかるようにされています。終わった順に線でご本人が消していかれてますね。
 最後の行に注目して下さい。夕ごはんで「食べたいもの」を書けるようになっています。これが楽しみになったとか。

空欄を作る
8

 学校から帰って来てからのスケジュールですが、ピンクの枠があります。ここは空欄になっていて本人さんが何をするか選んでおられます。
「トマト」とか「自動車ガイドブック」というのを読み取ることができます。

夜のスケジュール
9

 夜のスケジュールです。
「おやすみなさい」は布団に入っているのを上から見た絵ですね。

部屋で遊ぶ
10

 雨が降っているので「◯おへやであそぶ」「×そとであそべません」を伝えたもの。

ケガをした理由を尋ねる
11_1

 放課後にケガをした理由を尋ねたもの。
 ブランコでケガをしたことを伝えてくれています。

ケガをした時の気持ち
11_2

 ケガをした時の気持ちを尋ねたもの。
「いたかった」と。なるほど。

病院で治療する
12

 病院で治療した時の見通しメモ。2枚使っておられます。

小学校5年生

巻物カレンダー
14

 当時使っていた「巻物カレンダー」。右側には「みとおしメモ」や「おはなしメモ」があります。また「巻カレ1年ポスター(非売品。おまけについてくるも の)」も使われています。

朝の見通しメモ
15_1

 朝の見通しメモ。
 これ文字が印刷されてます。
 ひな型を作ってコピーして毎日日付だけ変えればOKにしてはったのかな。

朝のえらぶメモ
15_2

 朝の気持ちを尋ねたもの。
「ふつう」と答えてはりますね。
 まあ日常の朝の挨拶みたいなものですね。
 しかし、だんだん大きくなると「べ〜つに」みたいな感じになってくるかもしれません。

すること
15_3

 朝、TODOメモを使ってすることを確認。
 1.「学校へ行く」
 2.「お家へ帰る」
 3.「はみがきをする」
になっています。へえ、スケジュール(見通しメモ)との違いは何だろう?

 次の写真2枚はヨーグルトを選んでもらっている様子。
 「ごちそうさまナプキン(現在廃番になっています)」を使って選んでおられます。

ヨーグルト、どっちにする?
16_1

 どっちにする?

ヨーグルト、こっちにする
16_2
 
 こっちにする。

腰から下げているカード
17_1

 携帯電話やキーをつけるリング状のストラップの先に透明ケースを複数つけ様々なカード等を入れておられます。コミュニケーションをサポートするもの等、 いろいろなものが入っているのでしょう。(私が1998年ごろやっていた時はパンツの白いゴム紐を使っていました・・・格好良くなりました)

入っているもの
17_2

 入っている中身。
 「いらない」「ください」などはそのまま見せているのかもしれませんし、また「これがあれば音声言語で言える(リマインダーとしての使用)」かもしれま せん。

 またTELCAがまだ無い頃かな。おはなしメモを縮小コピーして、台紙に貼りつけたお手製のカードを作っておられます。これは状況に応じて自分で伝えた いことを書くためかな。

先生の作ってくれたもの
18_1

 これは先生が作って下さったもの。エクセルなど表計算ソフトで作っておられますね。
 要するに時間割ですが、登校時・休憩時・給食・そうじなどのことも書かれています。
 項目は「いつ」「どこど」「だれと」「なにを」「どれくらいするか」と「がんばったお楽しみ」がちゃんと書かれています。
 これは頭が下がります。
 ひな型を作っておけば、それぞれのマス目(セル)に書くことは結構定形の短文なので単語登録しておけば労力が省けるかな。

お母さんの準備したもの
18_2

 これは親御さんが準備されたもの。
 見通しビッグですね。(ひょっとしたら表計算ソフトで作られたものかな?)

ドアに巻物カレンダー
19_1

 巻物カレンダー大をドアに貼って下さっています。教室ってすごく広い壁面があるように見えてなかなか巻物カレンダーを貼るような余裕のある場所が見つけ にくかったりします。また「よく通るところ」「よく見るところ」という意味でもグッドアイデアですね。

自分で書き入れる
19_2

 これは本人さんが巻物カレンダーに書き入れているところですね。壁面の下に物を入れる棚が無いので張り出し部分が無く、書き込みしやすい、というのもド アに貼る利点になりますね。

お楽しみを書く
20_1
 
 ここは机ではなく窓の下の張り出し部分に見えます。たくさんのメモ、「お絵かき先生(磁気で字や絵を書いて、かつ簡単に消せるもの)」時計(これは動く のかな?それとも時刻勉強用の動かないやつを時刻を知らせる道具として使ってるのかな?)など、いろいろな物が置いてあります。
 これは下との連続写真です。自分でメモを取って・・・

自分で「お楽しみ」を書く
20_2

 見通しメモに何やら書かれてますが、これは自分で「お楽しみ」を決めて書くところだそうです。

帰宅後のお楽しみを書く
21_1

 「おはなしメモ入れ」のケースを作っておられますね。
 ばんごはんのメニューを尋ねる「えらぶメモ」が見えます。
 またひらがな五十音の「あいうえおメモ」カタカナ五十音の「カタカナあいうえお」があります。「あいうえおメモ」は現在廃番です。しかし成長のある時 期、文字盤を指さして表出することがやり易いお子さんは確実に存在します。でもどこにでもありそうで売れないんですよね・・・探してみると意外に無かった り、あってもめちゃ高かったりしますが。

給食の用意
21_2

 給食用のセット。「ごちそうさまナプキン」を使っておられたのですね。

支援級だけの行事
22_1

 特別支援学級だけの行事について「行く」か「行かない」か「わからない」かを「えらぶメモ」で尋ねておられます。「行く」と答えておられますね。

誰と行くかを尋ねる
22_2

 誰と行くかも尋ねておられます。可能な条件の中で尋ねる、というの大事ですね。

何がしたいか尋ねる
23

「何がしたいか(楽しみか)」を尋ねてはります。なるほどイルカは迫力あるもんなあ。

親学級で使っているもの
24_1

 親学級(原学級・交流学級とか地域によっていろいろな名前で呼ばれます)で使っているもの。たくさんのメモ・筆記具・クリップボードなどがセットになっ ています。

広げてみたところ
24_2

 透明ケースの中身。見通しメモに合ったサイズのクリップボードも入っています。

ある日学校で使ったメモ
25

 ある日、学校で使ったメモ。
 すごくたくさんあって「どへーーっ」と思われるでしょうか?
 たぶん、最初は1つだけやってみて、というところから始められたのだと思います。それが「(本人から)伝えてもらえる」「(本人へ)伝わる」喜びがわ かってくると、用意するのが苦にならなくなります。とりあえず「メモ帳」は一から作らなくても商品として用意されているので省力化できますし。

 次は外出する時の用意です。

親御さんが持つ物
26_1

 親御さんが持つ物。「ごちそうさまナプキン」「とけいメモ」「みとおしメモ」「おはなしメモ」が見えてますね。
「みとおしメモ」の長さや「おはなしメモ」から見て、B6サイズのバインダーを使っておられますね。やっぱり「ミニ」よりこっちのほうが書きやすいと思い ます。

ご本人が持つもの
26_2

 ボールペンの大きさから見てA6サイズのシステム手帳用のバインダーを利用しておられます。親御さんのよりも一回り小さい。これは本人さんの「持ちやす さ」を優先されているのでしょう。
 「おはなしミニ」ならそのまま入ります。ただし穴は開いていません。穴はどうやって開けはったのだろう?システム手帳用の穴開け器も売っていますが、私 が昔持っていたのは力が弱くて不便でした。

帰宅後すること
27_1

 学校から帰宅した時にすることをカゴにまとめておられます。どれだけやればいいかわかりやすい工夫ですね。注目して頂きたいのはどれだけの時間やるか 「タイマーはなんぷん?」と本人に尋ねておられるところ。そういうところも、本人さんに決めていってもらえばいいわけですね。

広げてみた
27_2

 入っているコミュニケーションメモ帳を出して広げてみたところ。
 「みとおしメモ」「えらぶメモ」「とけいメモ」などを組み合わせておられます。この場合、「巻物カレンダー」は何に使っておられるのかな。たぶん壁にも 貼ってあると思いますが。
 カゴの中にはこれ以外に「すること」である教材が入ってます。

チャーハン食べる?
28_1

 これは「おはなしツイン」にパウチラミネートし、水性ペンで書いて尋ね、本人さんが答えてくれてはりますね。
母  「チャーハン食べますか?」
ご本人「たべる (ウィンナー?) レタス たまご ねぎ ごはん」
中身もちゃんと注文されてますね。

朝ごはん何食べる?
28_2

母  「朝ごはんはなに食べる?」
ご本人「アイスコーヒー ヨーグルト チャーハン」
ということのようです。

あさごはんなに食べる?
29_1

母  「朝ごはんは何食べる?」
ご本人「トイレへ行く トマト ごはん かつお のり」
 しぶい和食の選択ですね。

ソフトクリーム食べる
29_2

ご本人「ソフトクリーム アイス 食べる」
母  「どうぞ」

みそラーメンを食べます
30_1

ご本人「みそラーメンを食べます」
母  「土曜日にSEIYUで買ってきます 今日はおにくを食べます」
 お子さんの言うことを拒否することもある。当然ですね。いろいろと事情というものはあるものです。これもきっちりと伝え合えるコミュニケーションがあっ てこそです。で実現できる見通しを伝えてはります。

車のほんを見る
31_1

ご本人「ごちそうさまでは車の本を見る」
母  「はい。どうぞ!」

お肉は好き?
31_2

母  「お肉はすき?」
ご本人「ふつう コーヒ」
 「コーヒー」は飲みたいから書かれたのでしょうか。今どきのお子さんですね。私は小学校5年生ではまだコーヒーを飲んだことが無かったような気がする。
 で、「おはなしメモ」を「おはなしツイン」風に、また「えらぶメモ」風に使っておられます。

コーヒーが飲みたいの?
32_1

母  「コーヒーが飲みたいの?」
ご本人「のみたいです アイスコーヒーがのみたい」

がんばる
32_2

母  「今日、バドミントンクラブがあります。体育館でバトミントン?」
ご本人「がんばる」

学校から帰ったら何する?
33_1

母  「学校から帰ったらなにする?」
ご本人「ベストモータリングDVDを見る」

ベストモータリングDVD
33_2

 ご本人が楽しまれたベストモータリングDVDですね。

 ここに出てきているのは小学校2年生から5年生まで4年間の経過です。最初は意思表出が難しかったことがわかります。それを日々の暮らしの中で機会を捉 えて、ご本人に楽しいこと、嬉しいこと、また見通しが立つように伝え合ってきた結果、最後のほうではご本人からの自発的な意思表出が増えていることがわか ります。また親御さんからの拒否(あとで実現する見通しを伝えられていますが)も成立するようになっています。





ワンステップセミナー暮らしの記録発表目次へ
ワンステップセミナー記録と感想の目次へ
お めめどうネットショップへ
お めめどうのセミナー・講演会・ダイレクトセールス
お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼