シェリー部長ロゴ                             Go to English page
  ホーム ネットショップ(PC)ネットショップ(携帯) お めめどうのことブログ メールマガジン


ワンステップセミナー in 山口・徳山 の記録と感想



新幹線
さくら

レイルスター
レイルスター

鹿
途中下車の宮島で

●日時:2011年6月5日(日) 開場9:45   10: 00〜15:30


●会場:周南市市民会館 保健センター 講義室1 (徳山駅から徒歩10分)
    〒745−0071 周南市岐山通り1−4   

● 対象:自閉症・発達障害児・者に関わっている方
    (スケジュールや視覚的支援、筆談コミュニケーション、支援グッズを
     使った暮らしに関心のある方なら、保護者以外の方もどうぞ)


●講師:奥平綾子@ハルヤンネ(株式会社 おめめどう)
    大西俊介@syun(office syun)


●タイムスケジュール:(スケジュールの変更が、あるかもしれません)
   10:00〜 講義と実習  
          自閉症の人の頭の中を覗いてみよう。基本の手立ての考え方。
          みえるコムがなぜ必要かなど、具体的な事例の映像と解説に
          よって、考えていきます。
   12:00〜 ランチタイム(会場にて)
          ご希望の方には、お弁当の手配をします
   13:30〜 実演コーナー 
          グッズの解説と効果的な利用法を、実際に演じて解説します。
          Syunの講義 ICFの話 障害とは、親の立場とはを説明します。
          Q&A 前もって相談を受け、それを基にして、考え方をお話
          します。
   〜15:30


●定員:30名 (基本ラインにしています)


●参加費:5000円
     (ランチタイムのお弁当をご希望の方は、別途800円お茶込み)
 
●お申し込み方法:
   お名前、〒、ご住所、TEL&FAX かかわっておられるお子様の年齢(学年)
   お立場、ランチタイムのお弁当の有無 をご明記ください。
   追って振込用紙をお送りします。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
お申し込み・お問い合わせは:株式会社 おめめどう
〒669−2223 兵庫県篠山市味間奥190−8
おめめどう E-MAIL: haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
TEL&FAX 079-594-4667

 



もみじまんじゅう
途中下車の宮島で

こだま
こだま

講義中
講義中

展示
展示

お弁当
お弁当

つづみちくわ
つづみちくわ

幸ふく弁当
幸ふく弁当

瓦そば
瓦そば

こだま
こだま
徳山でのアンケート

● ミニ発表することで、自分をはじめ、息子のとりまく環境を振り返ることができます。ハルさん、syunさんのお話しを何度も聞くことで、自分の中にぶれない考えが通ります。syunさんの話をたくさん聞きたい。ハルさんの元気さをいただければ。
 
● 本当のコミュニケーションができるように学んでいきたいと思います。
 
● 午後から予定が入り、午前中の参加で、残念ですが、次回の一日中のセミナーがあれば、参加したいです。
 
● 久しぶりによかった。
 
● メモを使ってのやり取りを少しずつ始めたところです。今後も続けていきたいと思います。
 
● かかわりのポイントがわかりよかったと思います。
 
● 初めての参加で、初めて聞くことや、つい療育で考えすぎていたことを、その人の人生、生活ということを改めて考えさせられました。ついつい音声言語になってしまう部分を、今一度振り返ってみたいと思います。家族支援について知りたいです。
 
● とても参考になり、新しい発見がたくさんありました。これからグッズを使いこなせるように、○×の○を考える習慣から、していきたいと思いました。もっともっと活用例を聞きたかったです。実際にグッズを使っているところのビデオを流しての説明を聞きたい。
 
● 普通の支援の中で迷っていたことに、少し光がさしたように思えました。先が見えないことの不安と先が見えることの安心がよくわかりました。
 
● 子供達が生きていく中での大切な話をたくさん聞けて、勉強になりました。まず、今日の話を整理して自分を見直して日々に生かして生きたいと思います。地元でもぜひ、聞きたい、みんなに聞いて欲しい今日のセミナーでした。
 
● 本人の立場、目線での捉え方で、参考になる点が多かったです。視覚化してのコミュニケーションの展示は参考になりました。医療関係の受診の仕方、工夫。受け入れる側でも工夫できる…などを知りたい。
 
● 障害者歯科学会での聴講とは違い、とても身近でまた、わかりやすい講演でした。働き始めた人のお話が聞いてみたい。
 
● とてもわかりやすかったです。お二人の入れ替わりの強弱もとても受ける側としてよかったと思います。
 
● 障害の子どもを持つ保護者が多く参加されたセミナーに、初めて参加しました。入所施設で働いている私としては、今、自閉症児の支援のレベルや意識の高さに驚いています。長い入所生活で凝り固まった支援に新しい支援を行っていこうと思います。ありがとうございました。
 
● スケジュールは指示ボードではないということを再確認しました。支援グッズの使い方、作り方のようなセミナーを次は希望します。
 
● 大西さんの話、基本のことよかった。パワーポイントで出された資料はみな書いてあると嬉しいです。Q&Aは、わかりやすかったです。ロールプレイのような実習的研修(kingstone注・これは「をしたい」と続くのでしょうか)
 
● 実際の生活に役立つ「見える化」を具体的に知ることができ学校生活の中でも、行かせるものを活用していきたいと思っています。まずは、本人に役立つスケジュール表からやってみます。思春期の子どもたちの性教育を知りたい。
 
● 今日もたくさんの新しい発見がありました。以前うかがったことがある内容も、また思い出すことができますし、毎年、担当のお子さんは変わるので、過去の反 省やあのときこうすればよかったのかもとか、そのときそのときご家庭の考えや状況で対応を考えています。今日もまた新しいアイデアをうかがえました。「支 援をつなぐ」というときに、同じものを使うことは大切なのですが、教師同士だけで繋ぐのは難しいところがあります。(考え方が違うことも多いので)。で も、その大切さを今回、改めて感じることができました。
 
● とても勉強になりました。挑戦してみようと思うことがたくさんあります。がんばります。毎月グッズを使った支援の勉強会に出ています。もっと知りたいです。
 
● スケジュールの大切さを改めて感じています。とても勉強になりました。
 
● ぜひ、また山口県でセミナーをお願いします。いろんな場所で、東、西、中央、北と多くのお母さんが参加できるようにお願いします。
 
● とてもわかりやすいお話でした。やってみるはタダ、撃沈するは常の気持ちで、これからも前向きに取り組んでいきます。具体的な事例を通した支援の仕方や考え方についてのお話、何度でも聞きたいです。
 
● 「スケジュール」することの大切さを認識しました。文字を操らない人がスケジュールを立てるときに、有効な写真、絵などを考えていけばいいのだと思いました。ありがとうございました。
 
● 目からうろこの情報ばかりで、少々、圧倒されましたが、一つずつやってみたいと思います。









ワンステップセミナー記録と感想の目次へ
お めめどうネットショップへ
お めめどうのセミナー・講演会・ダイレクトセールス
お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼