シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネッ トショップ(携帯)お めめどうのことブログ メー ルマガジン


  なんとカンファレンス 1st

 奈良県奈良市
 2012年10月21日(日)


なんとヵ
なんとカンファレンスのアイコン



奈良の豆腐
奈良の豆腐


だし巻卵
だし巻き卵
e- AT利用促進協会のホームページからの説明引用

 トーキングエイドCafe in 奈良は、プログラム内容を拡大して、イベント名を変更いたしました。

 奈良県や近隣の特別支援学校教員や保護者、支援技術に関わる支援者との意見交流から、 「奈良を盛り上げていこうよ!」ということになり、一日を通して、障がいのある人の「困っていること」をどう支援できるか、を考えて学ぶカンファレンスに しました。

 もちろん、トーキングエイドCafeで行なっているiPadの利用アイデアや支援技術やトーキングエイド for iPadに関するワークショップは行います。(詳細は下段プログラムをご覧ください)
 
 支援に役立つグッズや機器も展示します。その場で購入もできます。

 なんと=南都=奈良でございます。そこで「なんとカンファレンス(略称:なんとカ)」と名づけました。
困っている人を「なんとカ助けたい!」そんな思いで、取り組んでおります。

 ※ここからはおめめどうオリジナル。

日 時:2012年10月21日(日)

場 所:奈良商工会議所 4F 中ホール

主催:なんとカンファレンス実行委員会

共催:NPO法人e-AT利用促進協会 

参加費:3000円

プログラム詳細:e-AT利用促進協会のホームページ
        プログラムがあります。


ハルヤンネの感想
携帯メルマガ「おめめどう通信」10月22日記事より
(一部kingstone改変)

★こんにちは、ハルヤンネです♪☆

 昨日のなんとカンファレンスでは、販売が同じ部屋だったので、久しぶりに、数名の講師のお話を聞きました。学習障害のあるお子さんが、iPadでの学習 をするようになってから、文章を作ることも楽にできるようになり、勉強が楽しくなったという話を、当事者の言葉で語ってくれました。

 鉛筆で書くプリントは、それ自体がたいへんで、書くことで労力を使ってしまい、考えるところまでいかないけど、iPadで文字を打つにすると、書く労力 がないので、考えることができる。見せてもらった読書感想文も、同じ人物が書いたとは思えないほど内容の濃いものでした。

 以前から、書けないなら、打つ、選ぶなどをしていくことで、無理に書くを練習、練習としなくていいという話をしていますが、今後は、もっと伝えていきた いと思いました。先日も、算数に行き詰っているお子さん。それなら、計算機を使うや暮らしに生きる数字を覚えていくことの方が、ずっと算数が苦手にならな いのです。そうしてできたら、簡単なものなら自分で計算したり、数を上手に生活に取り入れてかれるでしょう。

 できないところをなんとかするよりは、できることはなにかなと見つけて、できるものを使って、それをどんどん充実していく(杖の役割)を、忘れないでも らいたい。その方が、楽しいのです。当事者の少年が言うように。楽しいは、生きるにとても大事ですよ。その少年は、iPadでの学習に出会うまで、できな い自分はダメだ、生きていても意味がないと思っていたそうです。

 講師陣の話を聞いて、自分が最初に勉強し始めた頃と、内容は変わっていないことに、気づきました。確かに、使っているグッズは、ipadなどの機械 (ハードウェア)やアプリと呼ばれるソフトウェアになりましたが、基本になるのは、本人を動かそうとするのではなく、本人にフィットして、本人の想いをか なえるように使うこと。

 なかなか学校へ持ち込めないというのも、子供たちの方が理解が早いというのも、グッズがあれば大丈夫というわけじゃないのも、もう、10年以上前に経験したことです。

 そして、そういうグッズを早くに暮らしに取り入れ、楽な表出にしてきた結果の成人の姿も(息子だけじゃなく、周囲の成人さんたち)、私にはわかっているわけで、なんとなく「なつかしいな」と思えた、カンファレンスでした。

携帯メルマガ「おめめどう通信」記事例目次へ

おめめどうについてのお問い合わせは
    669-2223兵庫県篠山市味間奥190−8
    E-MAIL haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
    TEL&FAX 079-594-4667

 

お めめどうのセミナー・講演会・ダイレクトセールスのページへ
お問い合 わせ先   講 演会・研修会のご依頼