シェリー部長ロゴ                             Go to English page

  ホーム ネットショップ(PC)ネッ トショップ(携帯)お めめどうのことブログ メー ルマガジン


西宮暮らしの相談室 7回目の記録
2012年1月25日(水)




梅八うどん
梅八うどん
小なんだけど
デカイ(⌒〜⌒)




〜 自閉症・発達障害の人の支援 を考える〜

<第七回・西宮暮らし相談室>
◆日 時;2012年1月25日(水)
     午前の部 10:00〜12:00
     午後の部 13:00〜15:00
 
◆場 所:西宮市民会館
 
◆講 師:奥平綾子@ハルヤンネ
     大西俊介@syun

◆参加者数:午前4人・午後4人
 
◆参加費:2000円 
    (当日参加は、2500円)


参加者の感想

 今日は、ありがとうございました(^^)
 最後まで居れなくて残念でしたが、座談会みたいな感じでお話が出来て、楽しかったです。
 深刻な悩み事がないと行けないかなぁと思って、初期の頃行ってなかったのですが(^_^;)
(最後まで居れない事もあり)

 ハルさんやsyunさんが、拡げてくれるから、軽い質問でも良いのにね→自分って思いました(^^ゞ
 9:50〜10:10まで参加者の方々と雑談してたのですが、「月まわ」のハルさんのメッセージ発信が無くなって淋しいとの声があってハルネットのおめめどうブレインで見れるよ〜と話してました(^^)
 過去のも見れるとか?お徳ですね(~o~)

 では、またお会いする日を楽しみにしていますm(__)m

ハルヤンネから

 はい、神戸でも、ワンステップセミナーありますから〜
 あと、3月28日は、(西宮暮らしの相談室)します!!!

 で月まわは(「いくつもの月がまわってくる」でやっていたようなメッセージ発信は)おめめブレイン(ハルネット参加者が読めるサイト)で、見れますぅぅ。

(kingstoneから・別に重い質問が無くてもいいと思います。何なら雰囲気味わうだけでも。でも今までの私が記録してきた記事が結構重い目の印象を与えていたかもしれませんね。ゴメンナサイ)

参加できなかったかたからのお便り

 今日の西宮相談室、行事の都合でどうしても参加できず…でした。
 3月にまた開催していただけると知って、ひと安心しました。また改めて申し込みさせていただきます。
 あぁ、よかった!、です。ありがとうございます!!、ですm(_ _)m


翌日の携帯メールマガジン「おめめどう通信」
(2012/01/26)
「後の祭り」


 昨日は、西宮暮らし相談室でした。午前4名、午後4名でした。午前中は、学童期の親御さん四人で、同じような話題で二時間盛り上がりました。午後は、青年期の方。

 午後のみなさん西宮に来てくださるようになって、メルマガをご購読いただくようになったのですが、よく、私が「後の祭り」と書くことに対して、「自分の かかわっている青年は、もう二十台半ばだし、後の祭りも祭りと、駄目なのかなと思ってしまうんです。」という話がでました。

 そんなに書いているかなあ?(汗)でも、自分の子育てを振り返って、反省することばかりで、正直「結びなおし」っていうか、「付き合いはじめ」っていう か、ああ、こうしてきたらよかったんだなということを、数年かけて、やってるもので、それが出てくるんだと思います(今更恥ずかしいですね〜・汗)。

 たとえば、先日もカメラを壊したけど、買い与えていたら、思春期は自分の大切なものを壊して大変だったと書きましたよね。それ、その思春期の時期から見 たら、「ああ、後の祭りだわ」なんです。「学童期、あんな馬鹿なことをしなきゃよかったわ」ですよ。でも、その後、それがわかって、やり直すこと「壊した ら買わない」「要求のないものを与えない」「お小遣いをきっちり決めて、その範囲でやっていく」をしていくと、そういう行為が収まっていきます。すると、 「後の祭り」だったものが、そうじゃないものになるんです。

 なので「後の祭り」というのは、その時点が、出発点ですよってこと。してしまったこと、起こってしまったことを、あんなことをしなきゃよかったわ〜とは 思わないで、「じゃあ、今から、最初からやってみるか」と、あちゃ〜としりもちをついた、重いお尻をあげることなんです。それが、できるかできないかで す。

 してしまったこと、起こってしまったことについて、反省はするけど、後悔しすぎても仕方がないです。それと同じで、してきたことにも、起こったことも、 そんなに値打ちのあるものなんていうのもないのでは?と思っています。先輩等の苦労したこと、うまくいったことを、なんとなく美談にしてしまうから、どん どん、後輩はそうしなくちゃになって、しんどいのではないかなと思いますね。この人のしたことは値打ちがある、この人のは値打ちはないなんていう判断はな いですもん。

 昨日の相談者は、それから当事者の青年の部屋の片づけをしにいくとのことです。それについてのアドバイスもしました。それまで、したことがないことばかりだそうですが、「後の祭り」があったわけだから、「じゃあ、今から、最初からやってみるか」ですよ。

 そんなとき、私は、こうつぶやきます。

 今、一番底だから、ベクトルはいつも上向き♪


おじいさんになっても大丈夫
おばあさんになっても大丈夫


 この言葉は「早期発見・早期治療・早期療育をしなくては」という言葉が出た時にkingstoneが言う言葉。だけど、もちろん小さい時からいごこちよい暮らしを作っていたほうがいいのは当然です。でもいつだって「今から」。遅すぎることなんてありません。


お便り
2012/01/27

 ハルさん、こんばんは。
 メルマガ、有難うございました。
 初めて、「後の祭り」と言う言葉を見た時は、正直、椅子から落ちそうになりました。
 でも、西宮でハルさんとsyunさんに直接お話をうかがっているうちに、 これは、字義通りの手遅れを意味しておられるのではないと感じておりました。 
 今回、西宮に行く前日に義妹としゃべっていて、甥の幻聴をなくすには、甥本人が自分の納得した人生を歩めばよいのだと、主治医の先生が言われていると知りました。

「自分の人生を選択できてないってことじゃないの?」←私
「そやねん。けどどうしたら、、、。」←義妹

 ここで、私、ぴか〜と分かった気がしていたのです。

【今からでもいい。甥が小さい事からでも選択できるようにやりなおしたらいいんじゃないか。】

 西宮で、syunさんが教えてくださって、食事や、そういった基本的なことから始めればいいのだと分かりました。嬉しかったです。これを、義妹に実践してもらえるように私がささえていきます。
 部屋の片付けも、昨日は撃沈でしたが、床の上の服の山が手をつけ易そうでしたから、まずそれだけでも、やっつけてみようと思っています。
 ハルさん、syunさん、いつも本当に有難うございます。
 おやすみなさい。

お便り
2012/01/27

 こんばんは。
 25日(水)の西宮暮らしの相談室でお世話になりましたAです。
 具体的なアドバイスをたくさんいただいてありがとうございました。
 教えていただいたように、子どもが何度も同じことを繰り返し言ってきても、言葉で反応せず、無言で書いて見せるをやっています。そして、こちらから伝える時も言葉はできるだけ出さずに、書いて見せています。
 最初のうちは、答えてほしい言葉を言わないことで、子どもはギャーとなりながらかなり怒ったりもしていましたが、徐々に回数が減り、たった3日のことですがずいぶん静かになりました。
 担任の先生にも西宮で聞いてきたことをお話し、極力言葉数を減らして書いて見せて伝えることをしてくださっています。
 反復の言葉を言ってくる回数が減っていると今日の連絡帳に書いてありました。
 そして、西宮から帰ってきてすぐに、巻物カレンダーの提示の仕方をを教えていただいたように変えました。他にアドバイスいただいたことも、一つずつやっていきます。
 ありがとうございました。
 syunさんにもどうぞよろしくお伝えください。



◆申し込み方法
 (株)おめめどう「西宮暮らし相談室係」まで
  E-MAIL:haruyanne@omemedo.tanba-sasayama.com
  TEL&FAX 079-594-4667






西宮暮らし相談室の記録や感想の目次へ
おめめどうのセミナー・講演会・ダイレクトセールスの紹介へ
お問い合わせ先   講 演会・研修会のご依頼